icCampus.pngオープンキャンパスへ行く arrowBelow.png icDocument.png資料請求 arrowBelow.png

58年間、一流の料理人・パティシエをこの街に送り続ける

学費等

学費及び納入金


調理

※画像をクリックで拡大します

※年間授業料・実習費 93 万円(夜間部 45 万円)の内訳は、授業料 51 万円(夜間部 25 万円)、実習費 42 万円(夜間部 20 万円)です。

その他費用

 入学時と進級時に個人用実習器具、教科書、白衣などの教材費と学生生活補償費用がかかります。

2022年参考  ・入学時: 約 250,000円  ・進級時: 約 25,000円

取得できる主な資格


製菓

※画像をクリックで拡大します

(調理師科夜間部併修に関しては製菓衛生師本科の金額に授業料を加えた金額となります)
※年間授業料・実習費 93 万円(夜間部併修 22.5 万円)の内訳は、授業料 51万円(夜間部併修 12.5 万円)、実習費 42 万円(夜間部併修 10 万円)です。

その他費用

 入学時と進級時に個人用実習器具、教科書、白衣などの教材費と学生生活補償費用がかかります。

2022年参考  ・入学時:製菓科 約 140,000円  ・進級時 約 20,000 円

取得できる主な資格


≪必修スキルアップ講座とは≫

既定の授業以外に高度な技術取得や資格につながる知識、貴重食材の取り扱いなど、卒業後では得られにくいスキルを身につける講座です。

※調理師本科は介護食士3・2級受講料を含みますが、資格申請料は別途かかります。

※調理師科・調理師科夜間部は介護食士3級受講料を含みますが、資格申請料は別途かかります。


夢をあきらめない! 学費負担軽減制度のご案内

オープンキャンパス リピーター制度

オープンキャンパスに3回参加し、3ポイント貯めていただくと受験料(2万円)が半額になります。

指定校特待生制度

指定校推薦者は「指定校特待生制度」の利用が可能です。

指定校特待生制度を利用すると入学金(16万円)が免除されます。

※人数に限りがあります

※詳細は5月以降、各学校にお伝え致しますので進路の先生にお尋ね下さい

AO特待生チャレンジ制度

AO入試の出願者は「AO特待生チャレンジ制度」の利用が可能です。

出願後に面談等の審査によって入学金(16万円)の全額または一部が免除されます。

※人数に限りがあります

紹介制度

本校の卒業生、在校生等の関係者および協力企業からの紹介による出願者の場合、

紹介者を含め事前の手続きを取っていただくことで受験料(2万円)が全額免除されます。


〈紹介された方が入学後 1 学期を終了した時点で〉

紹介者が在校生の場合:本校の規定に沿って一定額の学費(2万円)を奨励金として返金致します。

紹介者が在校生以外の場合:本校より薄謝(2 万円)を進呈させていただきます。


利用可能な公共支援

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構の奨学金は国が実施しており、本校は貸与型奨学金の対象校です。

奨学金は定められた基準(学力・家計・人物)を満たす学生が借りられます。

貸与型…利息が付かない「第一種奨学金」と、利息が付く「第二種奨学金」があります。

第二種の方が第一種より貸与基準が緩やかです。詳しくは各在籍高校までお問い合わせください。

調理師科夜間部のみは日本学生支援機構の奨学金利用対象外の科となっています。

国の教育ローン

日本政策金融金庫(JFC)が運営する入学時・在学時にかかる費用を対象とした公的な融資制度です。

お子様一人につき350万円を上限に固定金利で利用でき、在学期間内は利息のみのご返済とすることができます。

また、日本学生支援機構の奨学金と重複して利用することも可能です。

詳しくは「国の教育ローン」で検索していただくか、下記のコールセンターへお問い合わせください。

【教育ローンセンター】 0570-008656(ナビダイアル)または(03)5321-8656

専門実践教育訓練給付制度

一定の条件を満たす雇用保険の被保険者、または被保険者であった方が指定講座を受講し修了した場合、 本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)をハローワークから支給する制度です。 受講者が支払った教育訓練経費の50%(資格取得した場合、追加で教育訓練経費の20%(合計70%)の支給です。) 支給の上限額は、年間40万円(資格取得した場合、年間56万円)です。 受給するためには受講開始1ヶ月前までに手続きを行う必要があります。必ずハローワークで受給資格の確認をしてください。

一般教育訓練給付制度

一定の条件を満たす雇用保険の被保険者、または被保険者であった方が指定講座を受講し修了した場合、 本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)をハローワークから支給する制度です。 受講者が支払った教育訓練経費の20%の支給です。ただし支給の上限額は10万円です。

高等学校等就学支援金

国による授業料支援の仕組です。返還が不要で、授業料に充てる支援金が支給されます。 調理師科夜間部に通う、最終卒業学歴が中学校の方が対象です。詳細についてはお問い合わせください。


留学生応援奨学金制度

本校が提示する条件を満たす留学生に応援奨学金を支援します。

詳しくは本校までお問い合わせ下さい。


委託生制度について

協力企業で働き、収入を得ながら無理なく学べる制度です。 家族に学費の負担をかけたくない!一人暮らしの家賃や生活費が心配!そんな人を応援する制度が委託生制度です。 入学前の入学金等を支払えば、後はこの制度を利用して学校へ通うことができます‼ 学校が紹介する一般の企業と契約し、そこで働きながら学校に通います。

企業との年単位の契約により、安定した収入を得ることができ、学費の支払いが可能です。 卒業してから返済が始まる一般の奨学金と違い、卒業時に返済金がゼロであることを目指します。 また、寮がある企業(ホテル)を選べば、そこで生活を送ることもできます。(自宅から通える学生も利用できます)


委託制制度の流れ

AO入試での受験者

委託生制度の内容を把握

委託生説明会やオープンキャンパスに参加し、委託生制度の内容を詳しく理解して下さい。

AO入試でエントリー

エントリー用紙の「委託生制度希望」にチェックを入れて下さい。

(※AO入試事前審査時に適性を確認します)

企業委託生利用希望書(様式5)を提出(期限10月31日)

入学願書提出時に「企業委託生利用希望書(様式5)」を一緒に提出して下さい。

(※定員もあります)

企業とのマッチング開始

委託生制度利用審査を通過した方は、企業とのマッチングを開始いたします。

委託先企業と面談・契約

委託先企業と面談をし、労働条件等の調整を行った上で契約をします。12月31日までに委託先を決定します。

※希望通りの企業で働けるとは限りません。企業により条件がありますので、詳しくは本校までお問い合わせ下さい。


AO入試以外での受験者

委託生制度の内容を把握

委託生説明会やオープンキャンパスに参加し、委託生制度の内容を詳しく理解して下さい。

企業委託生利用希望書(様式5)を提出(期限10月31日)

入学願書提出時に「企業委託生利用希望書(様式5)」を一緒に提出して下さい。

(※定員もあります)

委託生事前審査を受ける

合格後、指定のオープンキャンパスに参加し、委託生事前審査を受けて下さい。

企業とのマッチング開始

委託生制度利用審査を通過した方は、企業とのマッチングを開始いたします。

委託先企業と面談・契約

委託先企業と面談をし、労働条件等の調整を行った上で契約をします。12月31日までに委託先を決定します。

※希望通りの企業で働けるとは限りません。企業により条件がありますので、詳しくは本校までお問い合わせ下さい。

AO入試での受験者

AO入試以外での受験者

委託生制度の内容を把握

委託生説明会やオープンキャンパスに参加し、

委託生制度の内容を詳しく理解して下さい。

AO入試でエントリー

エントリー用紙の「委託生制度希望」にチェックを入れて下さい。

(※AO入試事前審査時に適性を確認します)

企業委託生利用希望書(様式5)を提出
(期限10月31日)

入学願書提出時に「企業委託生利用希望書(様式5)」を

一緒に提出して下さい。(※定員もあります)

委託生事前審査を受ける

合格後、指定のオープンキャンパスに参加し、委託生事前審査を受けて下さい。

企業とのマッチング開始

委託生制度利用審査を通過した方は、企業とのマッチングを開始いたします。

委託先企業と面談・契約

委託先企業と面談をし、労働条件等の調整を行った上で契約をします。12月31日までに委託先を決定します。

※希望通りの企業で働けるとは限りません。企業により条件がありますので、詳しくは本校までお問い合わせ下さい。