オープンキャンパスへ行く 資料請求

55年間、一流の料理人・パティシエをこの町に送り続ける

調理師科

調理師を育てる充実の指導体制。未来に通用する確かな実力を。

一度も包丁を握ったことがないという方も心配要りません。食材や調理法について一から丁寧に指導しますから、基礎知識をじっくり身につけることができます。プロの料理人を目指す方のため、幅広いジャンルが学べる機会を万全に整え、将来に役立つ基礎固めの期間を楽しみながら学んでいただけます。

日本料理

Japanese

シンプルなようで、奥深い。
一番身近な料理のことを、もっと知ってあげたい。

口にする機会が一番たくさんあり、一番身近な存在なのが日本料理。ですから難しく考える必要はありません。調理が初めての方でも段階的に身につけていけるよう、スタートでは、すべての基本である包丁について、その研ぎ方や扱い方からじっくり始めます。家庭料理から、プロならではの和の技法まで、理にかなった、素材の持ち味を生かす、一見シンプルに見えながら、実は奥の深い調理法を順序よく学んでいきます。

西洋料理

French & Italian

イメージでしかなかった
西洋料理本来の魅力がクリアになる。

その華やかさで知られるところの多い西洋料理ですが、素材にしても、調理方法にしても、実はまだまだ知られていないことが多いはずです。実習では、食材料の知識や香辛料の役割、野菜の切り方など、基礎から少しずつ、西洋料理本来の魅力に触れることができます。それは西洋料理との新たな出会いと言ってもいいかもしれません。2年コースでは、料理用語で常用されるフランス語についても学び、職場での実践にも備えています。

中国料理

Chinese

異国の料理でありながら、
古くからの知り合いのようにそこにある親しみ。

今や中国料理は、外国の料理という認識が薄らぐほど、日本の食卓にすっかり溶け込んでいます。医食同源、不老長寿の発想から生まれたその味わいが、日本人に好まれ、長く親しまれてきたからでしょう。実習では中国料理の歴史にも触れながら、特徴的な調理器具、特殊材料、特殊技法について段階的に学んでいきます。用具や様式のシンプルさとは逆に、食材やメニューのバリエーションの豊かさに魅了されることでしょう。

福祉介護調理

Welfare Cooking

おいしく、食べやすく、飲みこみやすく!
その人らしい食事を!

病院や福祉施設などで必要とされる治療食や介護食について学びます。日々の私達の健康に結びつく内容であり、あわせて「介護食士」の資格も取得できます。

福祉介護調理について詳しく